上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
東京理科大学客員教授 吉田たかよしの研究日記 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会発表 抄録

学会発表が近づいてきた。

膨大なデータと格闘中!


第23回 日本臨床スポーツ医学会学術集会 抄録【吉田隆嘉】

タイトル:副交感神経活動計測(CVR-R)の健康ハイキングへの応用

呼吸性不整脈の大きさを示すCVR-Rは、心臓副交感神経機能の検査に広く用いられている.
しかし、呼吸数や一回換気量の影響を受けるため運動時の評価には不向きであり、CVR-Rの測定は安静時に行うべきだとされている.
本研究では、健康ハイキング(移動距離5km)の催しに参加した男女97人(平均年齢72歳)に,同意を得た上で超小型心電計を取り付け,ハイキング中の心拍を経時的に計測するとともに、運動量を反映する加速度も計測した.
また,全コースの中で,不快な環境だと考えられる車道を歩いている時間帯(車道移動時)と,快適だと考えられる自然道を歩いている時間帯(自然道移動時)を記録した.

CVR-Rは、車道移動時と自然道移動時を分離して解析した場合,それぞれ加速度との間に負の一次相関関係がみられた.
さらにこれを元にCVR-Rを加速度で調整した上で比較すると,自然道移動時には車道移動時を有意に上回った.

ハイキングで効率良くストレス緩和を図るには,参加者が快適だと感じるコース設定が求められるが、加速度調整後のCVR-Rは参加者の快適さの評価尺度として利用できる可能性があると考えられる.
スポンサーサイト

学会発表が無事終了!【第31回臨床運動療法研究会】

学会発表が無事終了!

発表したのは、第31回臨床運動療法研究会。

演題は、「超小型心電計を用いた心拍変動スペクトル解析の健康ハイキングへの応用」



今回は兵庫県西宮市での開催なので、朝、6時に家を出て、新幹線に乗り込む。

徹夜したので、新幹線で爆睡しようと思ったが、発表資料を見直すと、「あ!この表現、変えたほうがいいかな・・・」などと思えてくる。

気になると、際限はない。

気づいたら、新大阪に付いていた。



会場に到着。

トイレでネクタイを着けていたら、ご指導していただいている関西医大の教授に遭遇!

私の研究の弱点を指摘していただき、質疑応答に備えて、いざ発表!




想定通り、会場からは、厳しいながらも、的を突いた良い質問をいただく。

「HFで解析しているけど、この研究は、LF/HFで行ったほうが適切ではなかったか?」

さすがは、自律神経解析の本質をわかっていらしゃる・・・。



夢中で答えていると、あっという間に時間が過ぎ、チンチンと修了のベルが鳴る。

準備は大変だし、緊張もしたけど、何とも充実感にあふれる時間だった。


次は、9月11日の人間情報学会!

こっちも頑張るぞ!



学会発表の準備で、今夜は徹夜!

明日は、第31回臨床運動療法研究会。

発表資料は7割完成。

朝、6時代の新幹線に乗り込まないといけないので、今夜は徹夜だな・・・。

まあ、学会発表はいつも、こんなペース。

寝不足で、カミカミの発表になっちゃう。

でも、徹夜で集中してやっていると、頭の中が発表する内容ばかりになるから、質疑応答は、結構、いいことが言えたりする。

テレビは、カンだらダメだけど、学会発表は内容のほうが大切。

ということで、今夜は徹夜で頑張ります!

ナノ食品健康科学学会の講座ビデオを収録!

近畿大学の鈴木教授と奈良女子大の梅田准教授にわざわざ東京まで来てもらい、ナノ食品健康科学学会の講座ビデオを収録!
我ながら、結構、出来がいい。
サポートのスタッフにはご苦労をかけると思うけど、この調子なら、講座はドンドン増やせそう!
いい感じだ!

学会の抄録提出で悪戦苦闘!

11月に開かれる「第23回 日本臨床スポーツ医学会学術集会」と9月に開かれる「第31回臨床運動療法研究会」の抄録の提出の締め切りが、ダブルでやってきた。

膨大な実験データと格闘中!

11月の学会に出す研究は、予想通りの実験結果で、すんなり抄録が書けた。

しかし、9月の学会の方は、事前に立てた仮説が崩壊・・・。

とてもじゃないが、このままでは出せない・・・。

パラメータを変え、SPSSに片っ端から放り込む・・・。

頼む!出てくれ、統計的有意差!!!
sidetitle受験生専門外来sidetitle
sidetitle吉田たかよし(医学博士)sidetitle

sidetitle吉田たかよし最新著書sidetitle

 

sidetitleプロフィールsidetitle

吉田たかよし

Author:吉田たかよし
【現在】
東京理科大学・客員教授
学習カウンセリング協会・理事長
本郷赤門前クリニック・院長
ウェアラブル環境情報ネット推進機構・首席研究員
人間情報学会・評議員
ニューヨーク科学アカデミー会員

【履歴】
灘中学・灘高校卒業
東京大学工学部卒業
東京大学新聞研究所修了
東京大学大学院
  工学系研究科修了
 (バイオテクノロジー専攻)
国家公務員Ⅰ種経済職試験・合格
 経済企画庁(現・内閣府)内定辞退

日本放送協会(NHK)
北里大学医学部卒業
医師免許取得
東京大学大学院
 医学博士課程修了

加藤紘一元自民党幹事長
 公設第一秘書(科学技術政策)
自民党衆議院神奈川8区支部長

青葉メディケアクリニック
学習脳科学研究所

【受賞】
基礎医学カンファレンス
        最優秀賞受賞
「遺伝子解析による院内感染のトレース」

自民党かながわ政治大学校
      1997年最優秀論文賞
「神経生理学を活用した教育政策の抜本的改革」

自民党かながわ政治大学校
      1998年最優秀論文賞
「自律神経機能に着目した環境政策イノベーション」

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleSlide Showsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle吉田たかよし健康番組sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleアクセスsidetitle
    sidetitle吉田たかよし最新著書sidetitle
    sidetitle吉田たかよし著書(勉強法)sidetitle
    sidetitle吉田たかよし著書sidetitle
    sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。